新潟CROWN

IMG_1758

「新潟県初の中学軟式クラブチーム 新潟CROWN」

「育成に特化し、

全ての選手に試合経験を」

という取り組みで知られている新潟CROWN(クラウン)というチームをご存知でしょうか?

体修塾BCA代表大林もこのチームのコーチとして関わらせていただいています。

新潟市内のいろいろな中学校から選手が集まり、実践経験を積みながらスキルアップに取り組んでいます。

ここでは、体修塾BCA目線からの新潟CROWNの特徴を解説して行きます!

特徴①軟式野球

このチーム軟式野球というところに価値があり、私自身も「育成なら軟式」と考えています。中学生に対する硬式野球は完全に「無差別級の体格勝負」になっています。もちろん、野球というスポーツそのものが無差別級であるため、そこに異論はありませんが、中学生までは発育の差というものがあり早熟型の選手は硬式、晩成型の選手は硬式?という現状があります。

体格の小さい選手などは硬式は難しい。その時の選択肢としての「新潟CROWN(クラウン)」です。

特徴②短時間練習

野球=練習時間が長い

新潟CROWNは最大全体練習4時間(OP戦などは時間変更あり)と中学生という時期を野球づけにして欲しくないと考えています。また、塾や野球以外のスポーツに取り組んでいる選手もおり、文武両道、他種目両道を考えている選手は新潟CROWNを選んで下さい。「野球だけやれ!」とは決して言いませんし、「練習に来ないから試合に出さない。」ということもありません。

投手も、試合で7回完投などはあり得ませんし、球数をみながら必ず継投します。これは、選手を故障から守るためです。これは、勝利よりも優先されるべきものです。

特徴③木製バットの使用

新潟CROWNでは、バットを全員木製に限定しています。強制をほとんどしないチームですが、唯一ここだけは監督と私のこだわりで公式戦もすべて木製です。かつ、個人持ちで管理してもらっています。

木製バットに関しては、市販のものでも全然構いません。ですが、どうせなら自分にあったバットを使って欲しいということで私がよくしていただいている「野球工房A27」さんの軟式木製オーダーバットを使用している選手も多いです。耐久性にも優れ、長さ、重さ、グリップエンド、カラーなどすべて選んでも1万円程度の値段ということで、市販の物を買うより安くオーダーバットが作れます。

気になる方は体修塾BCAまでご連絡下さい。

特徴④リーグ戦実施

これは、今年度からの開催予定のものになりますが、新潟CROWN内でのリーグ戦を開催します。ここには、他の市からの選手やその日のみの選手もフリーで参加できるリーグ戦にしていく予定なので、リーグ戦でありながらいろいろな選手と試合で対戦できるようになります。新潟県に新しい野球の形を提供できると考えています。

他にも、新潟CROWNの価値はいろいろな面であるのですが、詳しくはFacebookページを見ていただければと思います。よろしくお願いします。

 

2020年8月から「県央クラウン」も始動します。これで、新潟県内にクラウングループチームが2チーム目になりました。これで、定期的に開催できるリーグ戦が可能になりました。毎週、遠征をしていればたくさんのチームと試合ができますが、移動時間も効率が悪いですし費用もかかります。県内でリーグ線を行うことでその費用も抑えられます。クラウングループで試合経験を積みませんか?

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。