捕手理論

甲子園 強豪野球部 鉄壁守備陣の育て方

今回は「捕手」というポジションから野球を見てみたいと思う。

ここ何年間のプロ野球界では若手のキャッチャーが不足していたが、最近になって、どこの球団も次世代を担う若手キャッチャーの台頭が目立つ。

私自身は、少年野球の時にしか捕手の経験がなく、ただ捕って、盗塁を刺してといった程度のことしかしていなかった。少年野球では盗塁の比率が高く、肩が強いと嫌でも捕手に回されるものである。それか、足が遅いから捕手などということもあるだろう。

しかし、野球というスポーツは投手と捕手が一番多くボールに触れるのであり、その重要性は言うまでもなく高い。

そこで、ある雑誌の特集記事を参考に捕手について考えていく。

「キャッチャーは愛情ですよ。」

打球を追ったレフトが定位置にもどる前に座ってしまうようでは、いい捕手にはなれない。ちゃんとレフトが守備位置に戻るのを待つ視野の広さが大切。

これは感情論ではなく、扇の要であるキャッチャーは投手に変わって野手の準備が整うまでしっかり待ちなさいということだと思われる。捕手に余裕がなくて周りが見えなくなってしまってはその試合は負けたも同然である。

親指と人差指の2本でボールをつまむようなイメージで捕球します。

これに関しては内野手も同じような感覚だと思います。

私は、親指のみで捕球できるようにしようと指導しています。

周辺視野でボールをとらえるような感じでゆったりと構えて、手元に来たボールにタイミングを合わせてスッ、スッと捕っていく。

スッの意味はわからないが、捕手のキャッチング指導(バッティング練習時にゲージ内などに入った)の時に、一球ごとにマネージャーに塁を指定させてできればキャッチングと同時に各塁に視線を送る練習をさせています。これができないと捕手になれない。

良く高校生の捕手に、キャッチング後に自分のミットを見ているものがいるが、そんなのは自己満足以外のなんでもない。

ステップについて、右足を動かさないで、右足に重心を乗せるように指導しています。体は正面を向いたままでいい。

これは、参考になりました。

私自身も、従来型のステップは一歩前に、左肩を入れてという指導には疑問をもっていましたが、これは答えがでそうですね。

以上主だったところをピックアップしてみましたが、まだまだ捕手理論は奥が深そうです。古田敦也さんが本も出されていますが、それ以外にも面白いアイディアがありそうです。また、探りを入れていきたいと思います。

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。