野村ノート(3)

IMG_2044

詳しい理論に入ってきた。

【内角理論】

内角球を投げる目的としては以下の点が挙げられる。

①内角球を見せて意識付けをさせ、打者の壁を崩したい(内角球が効果的な打者)。 ②内角に投じることで、対となる球種を(緩急・内角)活かしたい。 ③内角球をフェアエリアに打ちこなす技術は難しい(ファウルを打たせる)。 ④打者が内角に弱点をもっている場合。 ⑤内角球でゴロを打たせ、併殺を狙う。 ⑥右打者が右方向を狙っていると読んだとき。 ⑦配球によって内角に死角ができたと読んだとき。

だから私は捕手には、捕球した瞬間、右打者なら左肩、左打者なら右肩を常に見ておけと指導した。見逃したときに左肩(左打者なら右肩)がどう反応しているかをチェックさせるのだ。

たとえば、打者に対してその打席の最初の内角球はストライクを投げてはならない。理想はボールを1個分か2個分外し、それでキャッチーが打者を観察し、次の球を決める。

その際に非常に効果的なのがシュートという球種であり、打者の恥辱という心理を揺さぶることにも適している。

確かにシュートという言葉は近年の野球界ではあまりいいイメージがない。私はよく「先入観は罪。固定観念は悪。」というが、野球界にはこうした固定観念が数多く存在するのもまた事実である。

内角の理論から、シュート理論への発展。話は少しづれるが、私は投手にはコントロールやキレも求めている。変化球に関しては、シュート(ツーシーム)とチェンジアップとカットボールを投げれるようにさせます。キャッチボールの中で取り組みをさせて投球にも活かします。

内角へのコントロールはどれだけ打者への意識を消すことができるかが問題だと思う。打者に近いだけで、ベースの隅を通過するボールでしかないので転換できるか。だけしかない。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。