「采配」落合博満について。

野球についての本を読み進めていきます。

IMG_2060

今回からは、落合博満さんの「采配」です。

どんな局面でも、采配というものは結果論で語られることが多い。

采配の是非は、それがもたらした結果とともに、歴史が評価してくれるのではないか。

ならばその場合に立ち会って者は、この瞬間に最善と思える決断をするしかない。

【「自分で育つ人」になる】

本当の意味でのプロとは、自ら考え、責任を持って行動し、積極的に教えを乞い、成長を続ける、いわば「自立型人間」のことである。

私もチームのあるべき姿の理想は、自分で自分の課題を理解して自主練習をしてから全体練習に参加する人間がたくさんいるチームである。自主練習をする時に群れることなく、自分のために時間を使い、試合や全体練習の時には、全体のために自分を犠牲にできる人間が多いことが理想である。

そして、全体練習には時間を費やさずに、チーム戦術の確認と連携プレーの確認のみに時間を使う。なるべく短い時間で終わらせて、自主練習の時間を長くとる。

もちろん、選手との会話の中で全体練習や試合などで出た各自の課題については話し合いを常に持ち、足りない部分を認識させておくことは大切である。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。