機動破壊(16)

夏の大会が各地で繰り広げられてる。

大会を見ながら野球について考察を続ける。

走塁について、試合を見ていて気付いたことがあった。それは、3塁ランナーのスタート指示である。専門の教諭先生が顧問をしているにもかかわらず、指示などが決まっていなと感じられた。

ケースは、ノーアウト1・3塁、内野手はダブルプレーを狙い二遊間は中間守備、一塁・三塁手はオンラインというシフト。加えて、投手が「俺もダブルプレーね。」と言葉にしていた。

普通であれば、守備側の言葉を完全に鵜呑みにしてはいけないが、3塁ランナーはゴロゴー、飛んだコースの判断をなくして迷いなくスタートを切らせるケースだと私は考える。

しかし、そのチームは3塁ランナーがゴロにもかかわらずスタートを躊躇した。

結果的には1点入ったのだが、指示が徹底されていなかったのか、それとも3塁ランナーへの指示などないのか、真相はわからないが高校野球であればこの程度はチームで詰めておくべきだろう。

走塁はとても奥が深い。ゆえに可能性を秘めている。

「機動破壊ー健大高崎 勝つための走塁・盗塁93の秘訣ー」

IMG_1155

「ディレードスチールは、なぜ決まるのか」

野球においてディデードスチールが誕生したのは偶然だといわれている。盗塁のスタートが遅すぎた走者がいたが、捕手が投げなかったために盗塁に成功した。

「ディレードスチールの基本と応用」

ディレードのスタート(シャッフル後に走り始めるタイミング)は、投球がホームプレートを通過するところを目指してやっています。」ただ、そこを目で見てスタートをした場合、人間は反応速度があるので、絶対キャッチャーが捕ってからスタートするようになってしまう。だから、『ホームプレートとマウンドの真ん中を通過したらスタートしよう』と言っています。

「よりディレードスチールが効果的な場面」

使うのは相手が集中力が落ちたときですね。1ヒットで6点差になり、「あ〜」となった2アウト一塁の1球目ですね。これは誰が走ってもほとんどセーフになります。

あとは審判に注意された後の初球。「クイックで(セットポジション)止まってない」とか「牽制が多すぎるよ」とか、そういう後はすぐに行きます。これはもう、チーム内の暗黙の了解ですね。

私は、野球人生の中でディレードスチールをしたことがない。よって、指導もできない。しかし、とても興味深い。なかなか、ゲームに出場する機会がないので試す機会がないが、選手にはぜひ教えて実践させてみたいと思う。

足が遅いと思っている選手にとっては盗塁のサインを出すよりディレードの方がいいのではないかとも考えことができる。キャッチャーが気づかなければ必ずセーフであるわけですし、試してみる価値もあるし、生徒の自信や興味にもつながればさらに面白いことになると思う。

新チームに早速取り入れてみたいと思う。

行動あるのみ。

 

 

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。