野村ノート(9)

深い考えが進む。日々、少ない時間でも野球に触れることが野球人としての基礎であり義務であると思う。

「野村ノート」

IMG_2044

第4章 才能は学から生まれる

【捕手は「疑い屋」であるべき】

「捕手は監督の分身」である。

私は捕手には「分析」「観察(目に見えるものを見る)」「洞察(目に見えないもの=心理を読む)」「判断」「記憶」の5つを求める。最低でも観察の段階まで到達しておかないと、的確なリードはできない。

情報はゲームのなかに落ちている。それをもっとも感じ、見抜けるのが捕手というポジションである。

諸葛孔明が子孫のために残した家訓のなかに次のような一節がある。

優れた人は静かに身を修め徳を養う。

無欲でなければ、志は立たず、穏やかでなければ道は遠い。

学問は静から、才能は学から生まれる。

学ぶことで才能は開花する。

志がなければ学問の完成はない。

リードについてだけでなくすべての物事が、「興味を持てた瞬間」に勝ちだと思っている。「あっ、面白い」と思った瞬間にその技術は一気に伸びる。例えば、一本のホームランが打撃を大好きにさせたり、一本のタイムリーが興味を変える。私もそんな瞬間があった。強豪校の投手から3安打、その試合の得点のほとんどを自分で叩き出した。この瞬間に打撃が、そして打撃練習が大好きになった。

指導者はどのようにそれを大好きにさせるかがとても大切だと考える。

ある名言でも言われている。「努力は夢中に勝てない。」私もそう思う。

【松坂に求めたい「興味」と「必要」】

その理由のひとつは松坂の原点能力(外角低めの直球のコントロール)の低さにあるのだが、もうひとつ松坂の欠点を挙げるとしたら、それは彼の投球フォームにある。

結局、投手のフォームに幻惑されてタイミングに合わなかったり、りきんだりするのだ。

集中力を高める2大要素とは「興味」と「必要」である。

ほんの少し「フォームの見直し」「腕の振り(スピン重視)」に工夫をこらせばひと皮むけるのではなかろうか。

近年の流行り「力感のない投球フォームからキレのあるストレート」or「豊かな体格を利用した150km/h以上のストレート」がある。

全国の120〜130km/h前後のストレートを持つ投手が目指している考え方が前者である。イメージとしては巨人の杉内投手のようなストレートということになるだろう。

この系統のストレートを投げるために私が考えた「ジェット投法」が必要になる時も来ると考えている。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。