バッティングの理屈(1)

バッティングの理屈 落合博満

IMG_2197

「自分より上手な人間を参考にしよう。」

日本球界に”三冠王三度”以上の結果を残した人間はいない。

よって、落合博満さんの理論を参考にしない理由がない。もっとも参考にしなければいけないということも言えよう。

今回、参考にさせていただく著書

落合博満 バッティングの理屈 三冠王が考え抜いた「野球の基本」

というものだ。

私自身の夢も、”野球の教科書”を完成させることであるのでこの著書は読まないわけにはいかない。

まずは、第1章 野球は理屈で考えよう からまとめていこうと思う。

「なぜセンター返しが基本なのか」

ー好打者の条件は、センター返しー

まず『センター返しが基本』である理由を考えてみる。シートノックを思い浮かべていただきたい。ノッカーは「はい、サード。次はショート」というように、内野手に時計回りに打球を転がしていく。その際、サードに打つ時は左肩をサードに向けてボールを打つ。

 センター返しに徹することは、広角に打ち分けるための条件でもある。

この後も出てくるが、落合博満さんの打撃練習の方法にノックを打つというものがあり、ノックと打撃の関連性を解いていることもあり、ここでもノックを理由に挙げている。

確かに、私もノックを打つ時は左肩を打つ方向ひ向けるが、センター返しを意識してノックを打ったことがないので、意識を置いていこうと思う。

しかし、私自身はセンター返しを意識する理由はないのかなと考えている。タイミングがあって、その結果センターに飛んでいくという考え方である。センター返しは目的ではなく結果であると考えているし、選手にもそのように伝えている。

バッティングの理論 落合博満

http://www.amazon.co.jp/落合博満-バッティングの理屈

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。