バッティングの原理(8)

バッティングの理屈 落合博満

IMG_2197

第2章 目とバッティング 「どのコースに照準を合わせればいいのか」

ー対処する時間の少ないインハイのストレートに照準を合わせようー

野球の技術レベルに応じて変える必要があると感じる。落合さんの考えでは、どのレベルでもインハイのストレートなのではないかと思うが。

高校野球でインハイを要求するチーム、そしてそこにコントロールできる投手はどれだけいるかと思うと、インローはあってもインハイの必要性はないと思う。

「自分のストライクゾーンを確立せよ」

ー打てるボールは、すべてホームベースの上を通過するー

より確実性の高いバッティングをする上で大切なもう一つの要素に、『ボールの見極め』がある。打率や本塁打など、プロ野球における通算記録で上位に名を連ねている選手に共通しているのは、ボール球を打たないこと、すなわち”好球必打”である。

自分自身のストライクゾーンをしっかりと確立しておくことの大切さである。

サイドやアンダーの投手のボールは、たとえすっぽ抜けても頭に当たることはないから、思い切って打ちにいくことができたのである。

打者が頭に叩き込んでおくべきことは、”打てるボールは、すべてホームベースの上を通過していく”という基本なのだ。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。