バッティングの理屈(9)

バッティングの理屈 落合博満

IMG_2197

高校生の時は落合博満さんの言うことだから間違いないと思っていたことが、現在では「むむむ?どうなの?」と思うところが多くなったという感想だ。

野球がそれだけ進化していて、自分もそれだけ進化しているということだろう。

第3章 軸足の使い方「”軸足の使い方”を徹底的に考える」

ーバッティングの基本は軸足の使い方にありー

私の現役当時から現在まで、周囲が期待する成績に届かず苦労している選手というのは、99%が軸足の問題を抱えている。

回転は軸足や投手寄りの足ではなく、あくまでも体の中心線で行う。体の中心を軸にしなければ、自然ないい回転はできない。

スウェーは『前後にふらつく』という意味だが、その言葉どおり前方へのスウェーと後ろのスウェーがある。

体がスウェーしてしまうことには、いくつか原因がある。主なものを挙げると、ひとつは結果が残せないため、打ちたいという気持ちばかりが先走ってボールを迎えにいってしまうことだ。

もうひとつは、下半身が弱い、あるいは故意などで力をかけられないために体が早い開いてしまうことだ。

重心移動についても、右打者の場合は「右腰から左腰に移す」などさまざまな表現が使われるが、私は右打者の場合「右足の内側から左足の内側へ移す」という感覚がいいと思う。

このスウェーについては指導者それぞれ定義があるだろう。落合博満さんはスイング中の全ての前後の動きを嫌っている感じを受ける。

しかし、私自身のスウェーの定義は「踏み込み足に体重を移してスイングを開始してから前後しないこと」と思っている。

大事なことは、指導者の中に明確な定義があること。そして、その幅を大きく持つこと。そして、これ以上ははみ出てはいけない枠組みを設けるということだと思う。

落合博満 バッティングの理屈 三冠王が考え抜いた「野球の基本」

http://www.amazon.co.jp/落合博満-バッティングの理屈

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。