勝てる野球の統計学(1)

勝てる野球の統計学 鳥越規央

IMG_2213

1″無死満塁”は点が入りにくいのか?ー野球のセオリーを検証する

「得点期待値」とは、あるアウトカウント、塁状況から攻撃した場合、イニングが終了するまでに何点入るかを示したものだ。

野球というスポーツと数字はとても関係が深い。私も選手を見る時に数字を利用している。ケース別に説明する時も数字を使うことで説得力を持たせることができると思う。その意味で、「サイバーメトリクス」を学んでおく必要がある。

野球は3アウトを奪われる前に本塁(4つ目の塁)を踏む数を競いうスポーツであり、1つのイニングには「0,1,2」のアウトカウント3種類と「走者なし、一塁、二塁、三塁、一二塁、一三塁、二三塁、満塁」の走者状況8種類を掛け算して得られる24種類の状況があることを確認しておきたい。

野球を続けてきているからこそ、”常識”で済ませている部分を再度定義されると新しい気づきが多い。ケースノックはランダムにケースを定めて複雑な練習であると思っていたが、厳密には24通りしかないケースを反復練習する練習なのだと気づくことができた。

無死満塁から攻撃を始めると、平均的には2点以上入るということとなる。これは24の状況の中で最も大きい値であり、「”無死満塁”からは得点は入りにくい」という通説に反し、最も多くの得点が期待できる状況であることがわかるだろう。

当たり前のようで、数字にすると明確になる。しかし、無死満塁はダントツで得点期待値が高い訳ではないことも知れて面白かった。満塁策の意義についても考えさせられる。

最も出現回数の少ない状況は”無死走者三塁”の1057回、つまり無死走者三塁は1年で約100回程度しか起こらない状況なのである。

確かに、回の先頭がスリーベースを打たない限りないないケースなのでほとんどないのか。

”無死一塁”では0.821だが、”1死二塁”では0.687と低くなっていることが分かる。

送りバントを成功させた後の得点期待値が下がっており、アウトカウントを増やすことは攻撃側にとってリスクであることが分かるだろう。

送りバントは有効ではないということの数字的証明に。

得点確立は「あるアウトカウント、走者状況が出現した後、イニングが終了するまでに1点以上取れる確率」を示すものである。

ここで無死一二塁から1死二三塁、無死二塁から1死三塁の得点確率の変化に注目すると、得点確率が上がっていることを確認できるだろう。つまり、これらのケースの送りバントに限ると、成功すれば得点確率が上がるというデータになっている。

一点取れば勝てる、特に終盤の局面で送りバントを利用するべきだということ。序盤で送りバントを利用する意味はない。

プレミア12でも負けてから、「なぜ送りバントをしないのだ。」という批判が出るが、数字からも送りバントは常套手段ではないということを野球人の中では常識にしていかなければ。

「プレーの価値」=「プレー時に入った得点」+「プレー後の得点期待値」ー「プレー前の得点期待値」と定義する。

選手の個人成績を見る一つの指標に。

ー「得点」を「勝利」に換算するー

数学の「ピタゴラスの定理」を連想させる式である。この式の基本的な考え方は

・得点と失点が等しければ、勝率は5割である。

・得点が失点よりも多ければ勝率は5割を超え、少なければ5割に満たない。

チームを見る一つの指標に。

根性・やる気・気合なんかというものより信用なるのだ数字である。言葉ではなく行動で示せ、それが数字に表れると思う。数字に興味を持てる選手が強くなると思うし、自分のモチベーションにもなると思う。

勝てる野球の統計学 サイバーメトリクス 鳥越規央

http://www.amazon.co.jp/勝てる野球の統計学――セイバーメトリクス

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。