打撃理論百人百通(2)

川端選手

ポイントを近づけて、厳しい球をファールでカット

甘い球をヒットにする

この考え方は、高校野球などでも多く使用されているものになるだろう。遅延行為とも取れるこの打撃はあまり審判の方々に好まれるものではないだろう。

川端選手より気になるのが山田選手の理論。

山田選手

打撃はタイミングだけです

究極的な感覚論というような感じもしますが、その中身を見てみると、とても興味深いものでした。

一般的に打撃の”タイミング”というと対投手のイメージが多いと思います。

しかし、山田選手のいう”タイミング”とは自分自身のタイミングとのこと。

これは、私の理論で言うところの打撃フォームの扱うところとなる。対投手に高確率でタイミングを合わせようと思ったら、合わせる自分の打撃フォームがある程度一定でないといけないのは当たり前である。

山田選手も数多くあるだろうチェックポイントを、究極的に自動化し”自分自身のタイミング”のみに絞って継続した結果が今年のトリプルスリーにつながったのではないか。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。