グラブと野球。

高校野球ドットコム

[藤田一也選手(東北楽天イーグルス)名手を支えるグラブのこだわり]

ミズノさんには硬くて、長く持ちそうな革で作ってもらうよう、要望を出しています。僕自身は、できればひとつのグラブを3年以上使いたいという思いがあるのですが、最初に硬い革で作ってもらわないと3年使えるグラブって生まれないんです。

毎年グラブを変える選手が多いなか、後にも出てくるが湿った後の感じが良いと答える藤田選手は3年間が使いたいという。基本的な型が決まっているからできるのだろうが、その分こだわりが多そうだ。

個人的に一番好きなのは、雨の中でグラブを使用した日の翌日に生まれる独特の硬さ。雨が降っていない日に使用した時は、その都度、水が入った霧吹きを使ってグラブをしめらせ、その後、陰干しすることで、自分好みを硬さを保つようにしています。

雨で湿ったグラブを嫌う人は多くいると思うが、濡れた後が良いと考える人は珍しいと思う。とても興味深い意見だ。

ぼくはグラブにポケットを3つ作ります。1番目は人差し指ん付け根と付近。フライやライナーはここで捕ります。2番目は中指と薬指の付け根付近。正面に回り込めるゴロはすべてここで捕ります。そして3番目が手のひらの部分です。2番目のポケットで捕ろうとするときにゴロのバウンドが変わって、手のひらや土手の付近にボールがきてしまい、はじいてしまうことがあるんです。でも危機回避用のポケットが手のひらにあると、そういった不規則なゴロへの対応力もアップする。

ポケットというものの定義することも課題の一つである。ボールが収まる場所と言えると思うが、ポケットに収まらない時ははじいてしまうことが多いのだろうから、ポケットなどなくグラブ全体とポケットにした方が良いのではと思うところもある。再思考が必要な案件だと思う。

野球選手に共通するところだと思うが、うまい選手は道具を工夫していると思う。プロ野球選手に道具に無頓着な人はあまりないと予想できる(実際にはわからない)。プロ野球選手と道具の関係にはとても興味があるのでこれからも継続してほしい企画であると思う。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。