イチローという男の打撃

私が小さいころから日本プロ野球界に記録と記憶に残し続けている男。

イチロー選手

その技術について考えていきたいと思う。

①ヘッドを出したくない

このことから、私の考え方と同じでヘッドを意図的に返す必要はないというところで一致している。バットを持って振れば必ず返ります。それを意図的に返すことでバットをこねくり回してしまうことになる。イチロー選手もそれを嫌っているのだ。

そして、ヘッドを意図的に手で返すとヘッドが出てきてしまうので、バットの根っこに当たることが多くなる。旧型の指導法ではそうなるだろう。

②ラインで打ちたい

投球ラインにヘッドが長く入っていれば可能性が高くなる。これは多くの指導者が理解しているにもかかわらず、未だに「上から叩け」と指導している者が多すぎる。

何度も述べているが、「ヘッドは下から出せ」が正しい。バットは下から出さないけどね。

この動画の中のイチロー選手のスイングもそれを最大限にイメージしたスイングをしている。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。