野球と教育について。

キグコング西野さんが教師に向けて適切なメッセージを残している。

野球も教育の一環として考えている私としては興味のある話である。

テクノロジーと教育についての話だと思うが、スマフォと禁止する教師は時代錯誤だと述べているのだが、全く同意見だ。

少し教師擁護の話をすれば、公務員である教師は上の指示には逆らえないという事実もあるので、ベテラン教員の古い考え方に若手も飲み込まれているように感じる。

普段公立高校で講師をしている私は、ベテラン教師には共感してもらえないと思うので秘密にしているが授業中にスマフォを勝手に利用し、反転授業用のホームページを個人的に作成しプリント提出などもそこを通じて行おうと思っている。現在ある便利なものはなるべく活用する問いうのが当たり前です。

野球の世界も同じではないでしょうか。スマートフォンを全員が持っているのが当たり前の時代に練習中に何も活用していない。

そこで、高校野球部での活用方法を考察してみようと思う。

[高校野球スマートフォン活用法]

”練習メニューの共有「line」 or「 lion」などの活用”わざわざ生徒が教官室までメニューと取りに来る必要はない。

”フォームの撮影から全員での共有”個人の技術を全員で共有することでアドバイスし合う。

“野球についての話の共有”プロ野球選手の考え方や話をアップし野球に知識を深める。

“反省の共有”その日の反省点をSNSなどに掲示し、練習後にだらだら話はしない。

“感動の共有”モチベーション動画などの定期的に掲示。モチベーションの維持にしよう。

などいろいろ考えるができる。本当は、スイング数であったり、トレーニング量の管理についてもできればしたいのですが、考えればきりがない。

「野球×IT」他に意見があれば教えてください。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。