日米打撃の違い、青木選手に聞いた・・

2016年シーズンの開幕が間もない野球界ですが、高校生も選抜や各県春大会に向けて準備を進めていることだと思います。

今日は、今年からマリナーズへ移籍した青木選手についてです。

”左サイドの意識”という言葉が気になります。

メジャーの投手はモーションが小さく球速も早いので強くスイングしなければ負けてしまうとのこと。そこれ、軸足側に重心を残し強く振ると述べています。

ここでプロ野球選手独特の感覚と意識の乖離が発生し勘違いが生まれてしまいます。私の解釈としては、軸足が動くということはスイングの回転軸は踏み込み足にあるということです。しかし、重心は軸足側にあるのです。

メジャーリーガーにヘッドステイバックを提唱していたバリーボンズ選手や現役ではオルティス選手なども同じだと思いますが、軸足が後ろに動くことがあります。

ですが、これは軸足に体重をずっと残して母子球で回転するということではないということを認識しておかなければいけません。

回転軸は踏み込み足です。重心はどこでも良いですが、軸足は浮く(最近は、”つま先立ち”になるでも良いという認識に変化してきています。)、もしくは移動します。皆さんも実践してみてください。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。