長打力を高める極意 2

長打力を高める極意 立浪和義

第1章 「立浪流」長打を高める極意

【バッティングの基本「センター返し」の意識が長打につながる】

・「センター返し」「強く振る」「ボールをよく見る」

・「引っ張ろう」と思いすぎると、体の開きが生まれてしまう。体が開く=ステップした前足の着地と同時に、体の前面がピッチャー方向を向く状態 強いスイングができなくなる上に、アウトコースの沈んだり逃げたりするような変化球は全く対応できない

・バッターもピッチャーも、ユニフォームの胸のロゴを早く相手に見せてしまった時点で勝負あり。敗色濃厚と言ってもいい。

・ホームベースを扇の要とした90度の角度のフェアゾーンの中で、ヒットになるエリアがいちばん広いのがセンター周辺だとも言われている。セカンドとショートの間、いわゆる二遊間だ。

胸のロゴを見せないという意見はイチロー選手を筆頭にたくさんの方々が指摘してきたことでもある。打撃や投球は回転動作であるので胸のロゴはいつかは見えてしますがそれがなるべく見えないように、早く見えないようにするという意見が同じである。

しかし、「回転動作を止める」という方法をとってはいけない。あくまでも、回転しながらロゴを見せないということが大切だと考える。

その方法が宮川理論にもあります。新潟県でも宮川理論を・・。

#野球 #打撃 #理論 #ホームラン

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。