長打力を高める極意 4

長打力を高める極意 立浪和義

第1章 「立浪流」長打力を高める極意

【きっちりとらえた打球は右中間に飛ぶ】

ここで前回のフラグを回収していると思われる。

・「ヘッドをきかす」

・重心があるヘッドにいかに仕事をさせるか。これもバッターの重要な技術と言える。これをうまく行うことができれば、先が重くなっているため、遠心力に乗ってバットスピードが加速していく。加速したところでボールをとらえてれば当然、打球は飛んで行く理屈となる。

「ヘッドをきかす」という言葉はとても曖昧だと思う。立浪さんがどのような考えかはわからないが、「ヘッドを返す」という意味だとあまり良くないと思う。

「ヘッドを返す」とは押し手と引き手の関係が入れ替わり腕がクロスすることで、バットの表が出てきてしまうことだと考える。

私は、個人的にはヘッドは両手でバットを持っていると必ず返るものだと考えている。なので意図的に返す必要はないと考えていて、かつ、返さない方が良いと考えている。

この続きを知りたいからは宮川理論を学んで見てください。

新潟県でも宮川理論を・・

公式ホームページから申し込んでください。

宮川理論ホームページ

#野球 #打撃 #長打 #ホームラン

 

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。