長打力を高める極意 12

長打力を高める極意 立浪和義

第2章 長打力を支える実践的な応用技術

【強い当たりを放つための正しい構え】

・「構えには個性があっていい」その通りだ。どんな構えであっても、バットの芯でボールをコンスタントに捉え、強い打球を放てれば、それが自分に合った形と考えていい。

・調子が落ちている時は、構えにおいて足に力を入れる、首を決める、手を決めるという順序で、改めて注意しながらやり直していた。こういった自分なりの原点に立ち返ることも、バッターとして大事なことだ。逆に言えば、原点がわかっている選手は、不調の原因を見つけやすくなり、そこから脱出するのも早くなる。

・ワッグル(=構えを固める前に、バッドを何度か軽く振ったり、ベースの上あたりでバッドのヘッドを下にして振り子のように左右に動かしたりなど。)

私も構えは何でも良いと考える。強いて条件を上げるなら、「立ち姿がカッコいい=威圧感」ということである。鏡をみて自分の立ち姿をカッコ良くする努力をしてほしい。

前回の立浪さんの意見もあったが、打席に立った後のルーティンについても決めておくといいと思う。

#野球 #打撃 #構え #ワッグル

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。