長打力を高める極意 15

長打力を高める極意 立浪和義

第2章 長打力を支える実践的な応用技術

【「インサイドアウト」の重要性】

・立浪さんは小さい頃から後ろ肘を柔らかく使い、ミートポイントまでバットを持ってくることができた。トップがうまく作れたとしても肘をうまく使えなければ、ボールを的確にミートすることはできない。

・ドアスイング(=ドアがパタンと開閉するように、バットのヘッドが体の外を大きく回ること)

・ドアスイングの選手は、肘が体の近くに入ってこないため、どうしてもしなりが緩くなってしまう。

・インサイドアウトの習得するためにはボールの見方も大事になってくる。私は「ボールの内側を見る」という意識を常に持つようにしていた。内側を叩こうと思えば、バットが自然に体の近くからでるようになる。

・バットの軌道としてはインサイドアウトに加えて、「上から」というとも頭に入れていた。言葉にすれば「上から内から」だ。

まず軌道の話。

軌道は「上からだけはいけない」と言いたい。内からは同じ意見であるが、上から打つことだけはしてはいけない。これは立浪さんの感覚言葉だろう。そのまま、鵜呑みにしてはいけない。

軌道は正しい軌道に入れましょう。投球がどのような軌道を描くのか、その投球を打つために正しい軌道はなんなのか。答えは理論的に宮川理論の中にあります。興味のあるからはぜひ体感して見てください。

加えて、インサイドアウトでスイングをするためには手だけの操作ではなかなか懐が大きくならず難しいですし、肘が通る道が狭いでのとても窮屈なスイングになりがちです。ではどうすれば良いのか、その答えも宮川理論の中にありますので、ぜひホームページを見てください。

BHS絆宮川理論公式ホームページ

BHS絆宮川理論新潟支部

#野球 #打撃 #長打 #ホームラン #軌道 #インサイドアウト

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。