球辞苑「球持ち」1

前回も野球の用語についての記事でした。今回も引き続き曖昧な野球用語について考えていこうと思います。

今回は球辞苑で取り上げられた「球持ち」についてです。とても曖昧な言葉ですね。指導の際には注意が必要な言葉だと思われます。まず、内容についてまとめていこうと思います。

【球辞苑「球持ち」】

[広島:新井選手]

・球速よりも球が速く、ノビて見えて打ちにくい投手=球持ちが良い

・球持ちが良い=前で離す?

[データスタジアム アナリスト:金沢 慧さん]

・用語:エクステンション→プレートからリリースまでの距離

 ダルビッシュ有投手:200.9cm  岩隈投手:189.9cm  前田健投手:188.1cm  田中将投手:178.6cm  上原投手:169.2cm

[中日:吉見一起投手]

球持ちとは?①体重移動の時間 踏み込んでリリースまでの時間を長くすること ②リリースが前になること

メリットは?打者が苦手意識を持ってくれる。

しかし、2013年に肘を故障。その後、3度の手術を経験している。結果、前で離すことをやめた。着地の瞬間にリリースするイメージで、球質も回転数がとても良くなったと感じ、手応えも感じていた。だが、元のフォームに一ヶ月程度で戻したそうだ。なぜならば、勝てないから。

[日本ハム投手コーチ:吉井さん]

球持ち=リリースを前に  とするのであれば

①踏み込み足の着地した時に、下半身と上半身にねじれが生じる。

②肩関節の最大外旋角度が大きいこと、踏み込み足の股関節に深く乗ること。

[國學院大学 人間開発学部 助教:神事 努]

球持ち=ピッチャーへの違和感 練習とは違うボール

要因:リリースの高さが低くなる 一般的に地面から高さ168cmこれより低いと投球軌道が水平に近い軌道になりやすい。

低くするためには①軸足の内旋②踏み込み足が動かない
これまでが前半の内容でした。ここまでの内容を考えても「球持ち」という言葉1つでも捉え方は多数ある事が一目瞭然です。その言葉の認識が違うので話ができるわけも無いですし、指導できるわけありません。これが野球界の謎の1つですね。

少なくても私は、そんな指導者にはなりたく無いです。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。