球辞苑「ゲッツー」2

球辞苑「ゲッツー」ゲスト:立浪和義

【荒木選手にゲッツーについてインタビュー】

・ゲッツーとは

『見ている人にはあまり派手には見えないように』

見る人が見たら「あそこでこうやってよけているだ」「今の見た?」っていうふうに思うんですけど、普通の人にはわからない

・セカンドスローについて

右足前で捕球し、そこを軸に回転してセカンドに送球する

ショートの入ってくるところに、ベース上にしっかり投げる 引っ掛ける事は最もいけない事

・セカンドが受け手の時

壁を作っておいて、ボールが跳ね返っていくイメージで捕球しスローする

テクニックとしては、開い待つ→取るときに右足開きつく→スローする

・強く投げるには

一瞬で左足の股関節に乗って、その体重移動で投げる

グラブの使い方は、握らない→弾く事

・グラブトスについて

手首を使わない 肘を抜くイメージ

常に「もっと早く」を考えている。

プロ野球選手が常に上を目指している。当て所りなどは一般的であるが、中学生などはまだ知らない。それを伝えられる大人もいない。これでは、日本の野球は地方から終わる。私は、それを実践し、見本も見せられる指導者になりたいと思う。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。