球辞苑「ゲッツー」3

球辞苑「ゲッツー」ゲスト:立浪和義

【宮本慎也に聞いて見たゲッツーとは】

・真ルール「セカンドベース上に潰しに行ってはいけない」

ゲッツーは取りやすくなる これで取れないものは評価が下がる

・ショートの捕球体勢

両足を並行にとる 後ろに両足ステップする事でスローしやすくする

・定位置から左の打球

基本的にトス 相手と握手するするようにトス ボールの回転を抑える事

・体の右側の打球について

とったらある程度相手にボールを見せてあげる

・二塁手からの送球をどう受けるか

みんな取りに行きたがる これはグラブを引く無駄な動作が入る

グラブを伸ばさずに体の近いところで捕球する 握り変えが早い スローが安定する

他にもサードのゲッツーについても語って下さった宮本選手であったが、その中に気になる言葉があった。「投手を横目で見た時に、ランナーも視野に入り走ったかどうかはわかる。」という事である。私も内野手を経験しているが、意識すればできるがなかなか難しい。中学生を指導すると全く見ていない選手がほとんどだ。これを、中学生の指導者は伝えるべきだ、内野手は視野の中で1塁選手を確認し、走ったかどうかを自分で確認する必要がある。これは、練習で獲得できる技術だ。ぜひ、練習しよう。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。