「GRANDSLAM.3」1

GRANDSLAM.3 河野 慶

【ストライクゾーンを把握すること】

まず大事なのは、マウンドからの風景に慣れることだ。

そして、ストライクゾーンを把握すること。

どこからどこまでがストライクなのか、打者の身体のサイズによって変わるゾーンを、実際に投球しながら身体に覚え込ませろ。

そして、次に”打たれる”ということを体感しろ。ストライクゾーンでも打者にとって打ちやすいコースにリズム良く投げ込め。どんなボールと投げると気持ちよく打たれるか、その投球に慣れろ。

そして打たれる感覚が身についたら、今度は何球かに一球”打ち損じ”を狙った球を投げるんだ。投球のリズムとコース。打たれるボールから外すことで”打たれない”ボールになる。そうやって、どんな球を投げれば打たれないかを、身体で覚えて行け。

✳︎ここまで、漫画内の描写

主人公である野球素人”世界くん”ついにマウンドへ。

それまでの練習期間は2週間。その間の練習描写。この描写はとても面白い。このまま、指導に使えそうなことばかりだ。

【打たれるという感覚を覚えろ】という表現を使ったことは今まで野球を指導していて一度も使ったことがなかった。現在、中学生を指導しているが、《1・2年生のうちは”どうやったら打たれるか”、3年生になった時に、どうやったら打たれないかを考えさせる。》これがいいのではないかと思う。

【打たれるボールから外す】という描写も面白い。中学生や高校生を教えていると、パワプロやプロ野球の影響なのか変化球は変化量を求めがちになる。しかし、メジャーリーグがそうであるように、変化球や投球術は打たれるゾーンから”少し”ずれる方が良いと思っている。注目するべきは”少し”ということである。

【ストライクゾーンを把握すること】とは

1.打たれるゾーンを覚えろ。これはストライクゾーンを理解することで、選手の体格によっても変わることを理解することが大切であるということ。かつ、各選手でストライクゾーン外でも打てる得意ゾーンもあると思うのでそこまで考慮しなければいけないということだ。

2.打てるゾーンに近くに打てないゾーンがある。現在はカットボールやツーシームなどムービング系の球種が全盛期だがこれもそれだろう。打てるゾーンに打てないゾーン、これはストライクゾーン内でもだ。

早速選手と共有して行きたと思います。

皆さんも再思考してみてください。

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。