「GRANDSLAM.5」4

GRANDSLAM.5 河野 慶

【考え方】

✴︎漫画中の山本先生の言葉、とても考え方が素晴らしい。日本の指導者に、この言い回しをする指導者は宮川理論公認指導者ぐらいではないだろうか。

ー本文ー

合宿も今日が最終日じゃ…グラウンドも間に合ったな-

個々の能力を高める事に重点を置いた、この合宿では陸上トレーニングを数多くこなした。身体特性に基づいた”型”は全ての運動に共通している。己の”型”の中での重心移動のスピードを高めることが、出力のスピードとパワーを高める事に直結する。

それを鍛えるには、”走る”事が最も適しているのだ。

夏の大会は目の前じゃ。初戦を迎える前に、お前達に言っておく事がある。

試合になったら、教えた事は全て忘れろ。

試合になれば、アドリブの連続じゃ。練習通りにできる事はまずない。本能のままに反応するのじゃ。野生の獣となれ!

日頃の訓練は”型”を体にプログラミングし実践で本能を目覚めさせるためのものじゃ。

グラウンドに立った時、必要なのは”構え”だけじゃ。

最後に己の”構え”を作るための秘伝を教える。

「試合になったら、教えた事は全て忘れろ」この言葉に今回は注目して行く。日本の指導者はよく「試合は練習のように、練習は試合のように。」と指導する事が多いだろう。しかし、宮川理論とこの漫画の山本先生の言葉はそれと真逆である事がわかるだろう。私自身も、選手に対して「練習は思いっきり意識して身体に動作をインプットする。試合は無意識にインプットを信じてアウトプットするのみ。結果が悪ければ練習でインプットし直す。その時に、正しいフィードバックをしなければいけない。」と指導しています。なので、練習は試合とかけ離れた練習もしますし、技術練習に全ての時間を費やします。そこに、筋トレの要素はいらないと考えています。筋トレの要素が多ければ多いほどインプットの質が下がるからです。トレーニングは別にすれば良いと考えています。

例えをあげると、守備練習なども「取れない打球を何球も追わせて最後ダイビングキャッチ」などという練習も不要です。「100本ノック」も不要です(しっかり一本一本技術練習を意識した100本ノックであれば別です)。そう言った練習は指導者側の自己満足でしかありません。その満足のために、選手の可能性を潰す事はやめましょう。

#野球 #baseball #考え方

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。