「GRANDSLAM.10」2

GRANDSLAM.10 河野 慶

【ノーサイン野球】

蓮池が入部することが決まった。そのタイミングで、渡部監督が指導を始めることになる。

そこで選手たちに3つの質問をした。

①自分の目標

②好きな野球選手

③自分のやりたいプレー

まずは、蔵座は

①甲子園に出ることです

②好きな選手は中日ドラゴンズ谷繁元信

③やりたいプレーは、勝つために全員が全員のやるべきことを理解した全員野球の完成形、ノーサイン野球です

蔵座の言うことに賛同する。

私自身も、監督でサインを作ることになった場合は攻撃のサインは「いけたらいけ」のサインしか作らない。選手の判断で盗塁できると判断した時はスタートを切っても良いか、このケースは完全スタートを禁止するという2つサインだけで良いと思っている。

それ以外に攻撃でするべきは決め球や目付けや投手攻略の方法を考え伝えること。気持ちは選手が自分で管理と言うのが個人的な意見だ。

逆に、守備のサインは考えられる限り作る。守備位置の指示、相手の攻撃予測、捕手へのサインなど。

#野球 #baseball #ノーサイン #GRANDSLAM

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。