「東大と野球部と私」3

東大と野球部と私 桑田真澄

【第1章 「野球伝来」のチームだからこそ】

[練習初日・技術「効率的な練習を取り入れよう」]

・制球をよくするために、1球ごとに繰り返す作業があることを伝えました。

・最初に行なうのが『準備』です。「アウトコース低めに投げるために、頭が突っ込まないように気をつけよう」と投げる前に1球ずつテーマを決めて準備するのです。投げた後には、「アウトコース低めに狙ったけれど、真ん中高めに行った」という『実行』の結果がすぐに出ます。その実行に対し、捕手から返球を受けて次の投球動作に入るまでのわずかな時間に「なぜ真ん中にシュート回転してしまったのか」「頭の突っ込みはなかったが、左肩の開きが早かったな」と『反省』をします。そして、その反省を活かし、「次の球をアウトコース低めに決めるためには、左肩の開きを少し遅らせよう」と、再び『準備』『実行』するのです。

・野球選手はプレーが止まる1球ごとに、『準備』『実行』『反省』というプロセスを繰り返します。練習では、このプロセスを「やりきる」ことが大切で、結果はそこまで気にしなくてかまいません。そして試合では、練習でやりきったプロセスを、自信を持って実践するのです。

激しく同意。このフィードバックの作業を手伝うのが指導者の仕事。指導ではなく補助。技術を身につけるのは選手本人。指導者はこの基本的な考え方を崩してはいけないと考えている。そして、選手は技術取得のモチベーションを自分で管理しなければいけない。「何か、よくわからないけど、野球がしたい!」と内在的に動機づけられていることが重要である。

#野球 #baseball #フィードバック #モチベーション

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。