「東大と野球部と私」4

東大と野球部と私 桑田真澄

【第1章 「野球伝来」のチームだからこそ】

[練習初日・実技「効果的な練習を取り入れよう」]

座学②現代の野球道を知ろう

・「練習量の重視」とは、1000本ノックや1000回転の素振り、投げ込み、走り込みといった、量ありきの練習方法です。「精神の鍛錬」とは、たとえば水を飲ませないだど、気合や根性を強調して精神を鍛えようとする考え方です。「絶対服従」とは、監督や先輩など年上の人の存在を絶対視する発想です。=「誤解された野球道」

・何より自分自身をリスペクトしてください。自分のいちばんの応援者は自分自身です。野球の試合では、マウンドで、打席で、守備位置で、誰も助けてはくれません。たとえ5万人のファンが応援してくれていても、自分に自信がなければいいプレーはできない。僕はマウンドでそう感じていました。自分を信じることが何よりも大切。自分を含むすべての人にリスペクトする気持ちを持ってプレーしてください。

激しく同意。誤解されて野球道は現場にこの時代にまだ蔓延っています。私個人的には、そこにチャンスがあるとも考えているのですが、すべての選手が自分自身の成長にもう少し集中できる環境を私は整えてあげたいと考えています。現在の野球界は指導者の自己満足のために成り立っているところが多いと思います。

リスペクト。これからの社会の価値観だと思います。年上・年下関係なくリスペクトできるかどうか、私も選手からリスペクトされるような指導者でありたいですし、選手をリスペクトし続ける指導者でありたいと思う

#野球 #baseball #リスペクト #絶対服従 #誤解された野球道

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。