多動力。

私も個人的に人生の参考にさせていただくことの多い「堀江貴文」さんの新書「多動力」が世間でも話題になってきているだろうか。

その中でも「人生の目的なんていらない」という項目がとても気になった。

永遠の3歳児たれ

多くの人は、大人になるにつれ、子供の頃持っていた多動力を失っていく。やりたいことではなく、やらなければいけないことをするよう矯正されるためだ。しかし、成功している起業家やクリエイターは、好奇心旺盛な3歳児さながら、興味があることに脇目もふらず邁進している。だからこそ、イノベーションを起こせるのだ。

他にも「一つのことをコツコツやる時代は終わった」

寿司屋の修行なんて意味がない

大阪のお寿司屋さんの店長は、専門学校で3ヶ月寿司づくりを学んだだけで、開店11ヶ月にして「ミシュランガイド京都・大阪2016」の「ビブグルマン」部門に選ばれるという快挙を遂げた。

情報や技術、権利は、限られた人間の専売特許として囲い追い込まれた。しかし、インターネット出現後は「オープンイノベーション」が前提となっている。

三つの肩書きで、あなたの価値は1万倍になる

藤原和博氏「レアカードになる方法」を提唱している。3つの分野で1万時間以上取り組めば各分野で5年間で「100人に1人」になる。それが3つなので、「1万人に1人」になる。複数の肩書きを掛け算し、レアな存在になろう。

これは、コツコツ地道に努力することを美徳とするスポーツ界には耳の痛い話が多いのではないだろうか。

ここで、私が一つ提案をしたい。

”野球選手としてレアカード的な存在を増やしたい”

私も野球指導者としてレアカードになりたいが、指導している子供たちにもレアカードになってほしい。例えば、「野球×医者×漫画」や「野球×ゲーム×書道」など、「野球しかしていません。」というプロ野球選手を減らしていかなければ野球界の未来は暗いだろう。「野球×◯◯×〇〇」選手に伝えて行きたいと思います。

そこで、子どもには朝から晩まで。週6日練習などはやめていくべきだと考える。そして、空いている時間は野球以外の取り組みをする。そして、野球する時は究極的に練習を効率化し、最短でうまくなる方法を実践する必要があるだろう。そこで、私は指導者として「最短究極効率練習」を提案できる方法を思考しようと考える。

加えて、野球×堀江貴文という考え方もかなりレアではないだろうか。

#多動力 #堀江貴文 #レアカード #効率 #オープンイノベーション

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。