思考。

田原総一郎さん「人間がものを考えなくなったら面白くないじゃん。」

[スマホで朝生]という番組内での発言である。

それに対して、落合陽一さんの発言にとても共感した。

「人間が何で”考える”ということを楽しいと教育させられるかというと、1600年以降の機械化の流れに対抗して、どうすれば人間は機械でないかというのをベースに我々は思考を組み立ててきたからだと思います。それはなぜかと言えば、我々は機械ができることとは違って自由意志を持って考えることができるということを拠り所として人間性を定義してきたわけです。そこでポイントなのは、我々が楽しいと思っていることの内に”考える”のが最高に楽しいと思っている人の割合は結構少ないです。」

「ポケモンGOをすると楽しいじゃないですか?結構なユーザーが楽しいと思うからダンロードするんです。例えば、日本ではUberって走ってないですが、ポケモンGOで何かアイテムを獲得するためにスポットを回すのと、Uberでお客さんを捕まえてリリースしてお金をもらうということにほとんど違いはない。その内に自由に頭を使って考えて楽しみを得てるかといったら、どちらとも労働の喜びではあるけれど別に頭を使っているわけではないと思う。で、そういう知的処理のほとんどをコンピューターがやることによって、僕らは、例えば体を動かすことが楽しいとか頭を使うことが楽しい別にその枠ぶみの外で頭を使うことで楽しみを得る。しかし、全員が共通して持っているちょこっと頭を使ってちょこっと手を動かすみたいな同じ作業がダブるということがなくなってくるということです。」

この落合さんの提言は素晴らしいと思う。

今まで生きてきて、「何かおかしい」「何で?」と思っていたことの全てが繋がった。

人間って「考えることを楽しい」と思っている人は少ないのだ。なんて単純なんだ。だから、「何でそういった行動を起こすのか」「何で変わらないんだ」「それで楽しいのか」「それじゃ、自分を苦しめるだけだろう」という感情が出てくるのか。私は、思考することが楽しい側にいたいと強く感じた。これからの社会で生きていくためには思考する人間でなければならない。思考することが楽しいと思えなければいけない。私はそれが標準装備されていてよかったと思う。幼少期の環境に感謝しつつ、これからも思考したいと思う。

私は思考を止めない野球指導者でありたい。そう、強く思う。

#思考 #自由意志 #ポケモンGO

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。