「攻撃的守備の極意」4

攻撃的守備の極意

立浪和義

【第1章 「立浪流」攻撃的守備の極意】

[守備の命となる一歩目]

・私が最も大事にしていたのは、なによりも一歩目のスタートだ。

・実際の投球、バッターのスイング軌道を見ながら、瞬時に判断して動く。私の場合、頭で考えるというよりは、体が勝手に反応するように集中力を高めていた。そのためには、構えた時にジッと止まらないことが大事。テニスプレーヤーがサーブを持つように、足を動かしながら待っておくと、一歩目が早く切れる。盗塁のスタートも同じだが、静から動よりも、動から動のほうが動きやすい。

・PL学園高校時代は、捕球位置に入るまでの走り方まで教わった。手を軽く握り、親指の爪を上に向けて、小刻みに腕を振る。こうすることで、素早く動くことができた。

私個人的な理論では、内野守備における打球を追う時の走り方にも考察を続けています。多くの内野手は走り方を間違えていることが多いです。ここでも、PL学園流の走り方について言及している点が素晴らしいです。試して見たいと思います。

スプリットステップにも言及している点では、もはや全野球界の基礎として全ての指導者がスプリットステップを教えるべきではないでしょうか。

「攻撃的守備の極意」3

#野球 #baseball #守備 #球詰め

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。