「投手論」2

投手論

吉井理人

【第1章 投手のダンディズム】

[ピッチャーは痩せ我慢]

・打者に打たれたくないのに、打者の打てるコース(ストライクゾーン)に投げて、打者を打ち取らないといけない-。

・当時は、評論家だった野村克也さん(ヤクルトの監督に就任する前)がストライクゾーンを九分割した「野村スコープ」を使いながらテレビで解説をされていた。野村さんによって「いくら好投手であっても、ストライクゾーンだけで勝負していたら、強打者は抑えられない」という考え方が野球界全体に広がっていた時間だ。だが僕はその言葉にすぐ反発し、ボールゾーンに投げるのを嫌がった。

・その「フォーク=逃げ、または卑怯」の意識が、野茂英雄が入ってきて変わった。あれだけ打者を三振に取っていく姿を見て、これはフォークを使わない手はないと思った。

next:「投手論」3

back:「投手論」1

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。