「投手論」10

投手論

吉井理人

【第2章 投手に必要な三つのコントロール】

[変化球は指先一つ]

・たとえば小さなスライダーのように横にわずかに曲がるカッター(日本ではカットボールと言うが、アメリカではカッター、もしくはカットファストボールと言わないと通じない)は、ほとんど人差し指一本で投げている意識だ。腕を振りながら、人差し指だけをリリースの寸前まで縫い目に乗っからせて、人差し指で握り潰しながら曲げていく感覚か。こう投げることでジャイロ回転、すなわち螺旋回転することにより、ボールは沈むことなく真横に曲がる。左打者の内角に投げればほぼ詰まらせることができる。

・カッターを投げる際の注意点としては、曲げるぞという意識が強過ぎる余り体が開いてしまうのを避けること。アメリカではスライダーや速いカーブなど横に曲がる変化球は「投げ終えてから手首を捻るような感覚で投げなさい」と教えられた。

何も指導しないと日本式のスライダーを投げている選手が多過ぎる。日本式スライダーは曲がりが大きく、曲がりは速いためカウント球になりにくい。高校生ぐらいであれば曲がりだけで抑えられるがレベルが高くなればなるほど見破られてしまう。なので、日本式スライダーは投げさせない。

私は「カッター」を教えます。曲がりの少ない横変化でいつでもカウントを取れる球を作りなさいと指導しています。最初は、曲がらない所からジャイロ回転していることを重視させ、徐々に回転数が上がってくる中でカッターになるように慎重に指導し続けます。カッターを投げてるようになるだけで高校野球ぐらいまでは楽に抑えることができます。

next:

back:

#野球 #baseball #投手 #カッター

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。