選択と集中

【選択と集中】

様々な意味でこの言葉を使う方々がいると思う。

体修塾では、選手の成長段階に応じて、今必要だと考えられる技術を選び、選択し、集中して練習する。選手の成長にのみ目を向ける。

集団の中の個ではなく、成長して自立した個が集団になることがこれからの社会では必要だと考える私は、野球でそれを選手に伝えていきたいと考えている。選択と集中もその考え方の一つである。

指導者が選手に求める打撃技術には何があるだろうか。

「長打が打てる」「ホームランが打てる」「ゴロが打てる」「送りバントができる」「セーフティーバントができる」「逆方向に打てる」「決め球の変化球が拾える」「ボールを振らない」「甘い球だけ振りにいける」「スイングスピードが速い」「タイミングを取れる」など上げればきりがないだろう。

では、この技術を全て選手に求めることが指導者にできるだろうか。

私はできない。

かつ、成長期別に小学生、中学生、高校生で身につける技術は異なることは当たり前だと思うのです。そして、一般論より個人差の方が大きいのは当たり前なので、全員が全体練習で同じ練習をしていることは良いのでしょうか?というと私は違うと考えます。

では、選手個人の成長段階に合わせて、できることとできないことを区別し、身につける技術選択し、やるべきことに集中し練習メニューを考える必要があります。指導者ができることはこれだけだと考えています。

躾することでも、人間性を磨くことでもないと考えている。

私は、個人指導を続ける中でこの作業を新潟で細々と続けています。

全ての野球選手が成長できる環境を野球界に創る。そのために、行動していきます。

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。