「攻撃的守備の極意」36

攻撃的守備の極意

立浪和義

【第4章 守備を変えるグラウンド環境と道具】

[ドーム球場の利点は、空調が効いて快適にプレーできること]

・夏場の13時は最も暑いときだ。外で汗をダラダラ流しながらアップをするのと、ドームの適温で働く能登では体力の消耗度が違う。特に夏場はどの選手も体力的に厳しく、バテやすい時期。この夏場に快適なドームでアップできるかどうかは、そのあとの戦いにも大きな影響が出てくるのだ。

・屋外球場の時はいわゆる「太陽ヒット」がある。太陽とボールが完全に重なってボールが全く見えなくなる現象で、やっている選手にしかわからない恐怖があるのだ。時には照明とボールが重なる時もある。

・デーゲームの時は薄暮もある。夕暮れで空が澄んでいるので、ボールが高く上がると空に溶け込んでしまうのだ。〜太陽、照明、薄暮でボールを見失った時は、見えていないことを他の野手に早く知らせることが大事だ。

next:「攻撃的守備の極意」37

back:「攻撃的守備の極意」35

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。