「野球センスの極意」5

野球センスの極意

立浪和義

【第1章 「立浪流」野球センスの極意〜センスの実態・高め方】

[モノマネで、野球センスを磨く]

・自分で認めるのもおこがましいが、私は少年期からバットの芯でボールを捉える感覚や、ヒジをたたんでインコースを打つ技術は、まわりより優れていたようだ。

・右打者が左打者のモノマネをしたときに、「あれ、こっちの方が強く振れる」と思うこともあり、こんなきっかけで、左打者としての野球センスに気づく可能性もあるのだ。

・目で見たことを、自分の体で再現できる。これも1つの才能だ。イメージと現実のギャップが少ないと言える。

・動きをマネしようと思えば、様々な角度からの観察が必要。打席に入ったバッターを四方向から見ると、今まで気づかなかった技術や感覚を手に入れられることもある。

・今は非常に便利な時代で、スマートフォンがあれば簡単に動画を撮影でき、その場で映像を見られる。スローモーションでの撮影も可能だ。これを生かさない手はない。映像を保存しておけば、フォームの変遷もわかる。常にスマートフォンを持ち歩いている草野球プレーヤーにはオススメだ。自分では華麗にカッコよく打っているつもりでも、実際は体が動いておらず、完全な手打ちだった…なんてこともある。

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。