「野球センスの極意」8

野球センスの極意

立浪和義

【第2章 打撃センス解説&列伝〜野球センスを磨くバッティング】

[打撃に重要な「タイミングを合わせるセンス」]

打撃の公式「タイミング(スイング『角度』+予測)=結果」

打撃においてタイミングを取れない打者は、なかなか打撃で結果を残すことができないと考えている。

・「バッティングセンスとは、何か?」と問われたら、私は、その1つとしてまず、「ピッチャーとのタイミングがとれること」と答える。〜スイングスピードが速くても、タイミングが合わなければ、宝の持ち腐れ。

・実際にバットを振らなければ、タイミングのズレもわからない。直球に差し込まれたのか、予想以上に速球が遅かったのか。打席内で体感しなければわからない。空振りを恐れずに積極的に振ることが、結果的にヒットにつながる。

まさに同意見である。「ファーストストライクか振る」ということが打撃センスというのであれば誰でもできるだろう。しかし、その前に「打席で振る」という技術と「ストライクを判断する」という技術を経てからになる。育成期間である中学生までは、とにかく打席で振るということに集中してほしい。そうすることでストライクの判断練習にもなる。そうすることで、著書にもあるように打撃センス「ファーストストライクから振る」が手に入れられるだろう。そこに、指導者の個人的な感情や目標を重ねるべきではないとも考える。

next:「野球センスの極意」9

back:「野球センスの極意」7

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。