「野球センスの極意」43

野球センスの極意

立浪和義

【第4章 同じ腕の振りで投げてこそ、意味のある変化球】

・球種が多ければいいというものでもない。打者視点から話をすると、「打ちにくい変化球=ストレートと同じ腕の振り」という結論に至る。

・もう1つ、打者が打ちにくいと感じるのは、体に食い込む変化球だ。左打者の私にとっては、45〜46ページでもお話ししたように、右投手のカットボールや左投手のシュートとなる。特にスピードの速いカットボールは、打者の手元で小さく速く曲がるため、対応が難しい。メジャーリーグで流行しているハードシンカーは変化球でありながら150キロ近い球速を記録し、右対右の対決では打者にとって厄介な球種だ。日本人が投げるツーシームとは、また違った威力とキレがある。変化球のセンスを極めたければ、「腕の振り、プラス体に食い込む変化球」の習得を意識し、練習に取り組むべきだ。

next:「野球センスの極意」45

back:「野球センスの極意」42

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。