42~世界を変えた男〜

本日、午後からの時間を使い一本の映画を鑑賞した。

『42〜世界を変えた男〜』

4月15日。その日、大リーグではグラウンドにいる全員が背番号「42」をつける。どのチームの、どの選手も。敵も、味方も、関係なく。「42」ーそれは、大リーグで唯一の、全球団共通の永久欠番。その裏側に、鳥肌の立つようなドラマがあった。※Amazon prime会員説明より

自分自身の、考え方や見識を広げるために人間は、読書をしたり、勉強したり、芸術鑑賞をしたり、実際に体験してみたりする。野球を志す上で、この映画を見て置かなければと思った。

物語は、実際に存在した近代大リーグ初の黒人メジャーリーガーでもあるジャッキー・ロビンソン選手についてのお話。

彼が活躍したのは1947年から1956年。戦後間もない時期でもあり、当時の大リーグは白人選手のみで、黒人選手は二グロと呼ばれ差別されることが当然の時代だった。その中で、ジャッキー・ロビンソン選手もひどい差別を受けていた。

・黒人が「でしゃばるな」とフラッシュボールどころか、頭部めがけて何度もボールを投げられた。

・チームメイトすら彼と同じテーブルで食事をしたり、一緒にシャワーを使うのを嫌がった。また、地元のファンすらロビンソンに生卵を投げつけた。

・故意にスパイクでユニフォームが裂け流血したこともある。

そんな差別を受け続けた彼が紳士的なプレーを続けられた理由は会長との約束があった。

(差別的な)攻撃に怒り、手を出してしまってら、「それ見たことか、やっぱり黒人は紳士のスポーツはできない」と言うことになってしまう。リッキー会長は、ロビンソン選手がそんな状況にも耐えうることのできる男だと踏んだのでした。

「黒人選手がプレーした前例のない環境の中で、偉大なプレーヤーでありかつ立派な紳士でなければならない、差別に対して仕返しをしない勇気を持つんだ。」と。

その活躍は黒人に対する偏見を変えるきっかけとなったと言われています。

ロビンソンの死後も、その功績は賞賛され続けている。ロビンソン選手のデビュー日である4月15日は「ジャッキー・ロビンソン・デー」とし、この日だけは42番の背番号をつけてプレーすることが許されています。

アメリカの歴史の中で最も重要な黒人といえばマーチン・ルーサー・キングであるが僅差で2位につけるのはジャッキー・ロビンソンであろうおと言われている。

私は、この映画を鑑賞して、”初めて”と言うものには障壁がつきもので、自分を認めてもらうには紳士的に行動を続ける必要があることがわかった。ジャッキー・ロビンソン選手に比べれば、日本の現状など恵まれた環境であるにもかかわらず、これだけ行動を起こせない日本は問題意識を持つべきだろう。

他者のことは置いといて、自分自身の行動を進めていこうと考える。

#野球 #baseball #42 #ジャッキー・ロビンソン

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。