「吉井理人コーチング論」22

吉井理人コーチング論 教えないから若手が育つ

吉井理人

【第3章 目先でなく、トータル】

[投げないと肩が作れないというのは思い込み]

・日本の投手はブルペンで球数を投げすぎる傾向がある。肩を温めつつ、速球、変化球、フォーム、いろいろなところを確認しておきたいのだ。だいたい25球くらいかける投手が一般的だろうか。

私も個人的には投げすぎだと考えている。中には、球数を数えていないなどということも少年野球や中学野球ではあったりする。もちろん論外なのだが、監督やコーチも無責任すぎると思います。

・僕はリリーフ陣に対して「15球以内で肩を作って欲しい」とリクエストしている。

・日本では味方の攻撃が2アウトになると、投手がベンチ前でキャッチボールを始めるのが同じみの光景になっている。プロ野球に限らず、高校の甲子園大会でも目にする。次の回から交代で入る予定の内野手もやっている。〜だが、あれは本来ルール違反だ。プレー中の選手以外は一、三塁のコーチとネクストバッターズサークルで待つ次の打者だけしかグラウンド上にいてはいけない。

・いっそ日本も禁止すべきではと思う。そうすれば、子どものころから少ない球数で肩を作る習慣がつけられる。

next:

back:

#野球 #baseball #新潟 #柏崎

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。