「絶対エース」57

絶対エース育成論

佐藤義則

51G-YTRsQ3L._SX337_BO1,204,203,200_

【第7章 指導論 理想のコーチ像、それは心を持って接すること】

[常勝チームに必ずあるよい伝統]

・一通りアップが終わると投手陣はセンター付近でキャッチボールをするため、若い選手たちは一目散にフェアラインの外へ置いているグラブとボールを取りに行くのだが、プロの場合はグラブに名前が書いてありので、私のクラブがそこに置かれてあるのは嫌でも目につく。それなのに、ランニングで一番最後にいる私を素通りして、みんながキャッチボールに行く。普通なら「はい、佐藤さん」とグラブを持ってきてくれるのが気遣いというものなのだが…。別に、自分でグラブを取りに行くのが面倒dというわけではない。ただ、私と今井さんのグラブしか残っておらず、それには目もくれずに自分のグラブだけさっさと持って行く神経がわからない。「ヨシ、違うんだよ。今の子は。言わないとわからねえんだ」と今井さんが言うから、「違う違う、そんなもんは常識だから」私はすかさず言った。高校で何を教わってきたのかということだ。先輩の物があったら進んで持って行く。こっちも「おう、ありがとな!」となる。そうやってコミュニケーションが生まれてくる。若手がわからないなら、中堅どころが、「おい、先輩のグラブも一緒に持って行くもんだ!」と教えてやればいい。たかがグラブかもしれないが、そうやって規律ひとつ見ても先輩から受け継いだものをしっかり下の世代へ伝えて、その積み重ねがやがて“伝統”となる。常勝チームには、良い伝統が必ず備わっているものなのだ。

こんなものが良い伝統だとは全く思わないし、全く必要ないものだ。野球の世界にこのようなものが良い伝統だと思っている人がいること自体が良くない。

#野球 #baseball  #新潟 #柏崎

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。