「甲子園という病」1

甲子園という病

氏原英明

【第一章 玉砕球児が消えない理由】

この夏、甲子園は100回大会を迎えた。その裏で、世間では一冊の本が発売された。「甲子園という病」というタイトルのこの本は、発売されながら一人の選手を全国クラスへの押し上げる起爆剤にもなったのではないかと考える。

その選手の名は、金足農業高等学校エース・吉田輝星選手だ。

吉田選手の活躍を思い出しながら、本著の第1章の内容から触れていこう。

第1章に挙げられていた内容は、5年前の甲子園大会「木更津総合vs西脇工業」の試合で先発した、木更津総合の千葉投手の話題だ。

一回裏、木更津総合の先発・千葉が一球目を投じると、そのざわめきの正体が何であるかはすぐに理解できた。千葉は初球、これが全国大会の舞台で投じる球なのかというような、山なりのボールを投げたのだ。二球目、三球目、四球目…。そして、カウント3ボール2ストライクからの六球目も同じような山なりのボールを投げたのである。それは投球練習からすでにそうだったのだ。

痛み止めの注射を打ちながら、予選から千葉大会も投げ続けていた千葉選手。肩の痛みは慢性的なものになっていただろう。千葉選手は「甲子園が魅力的すぎる」という発言を残している。

今年の100回大会でも、吉田選手が決勝までは一人で投げきり、一大会5試合で749球、平均約150球を投げた。現代の医学的常識からいえば、とっくに限界を超えていると思われる。

この流れを受けて、ネット上でも「球数制限」「回数制限」などの意見も多く上がってきた。確かに、ルールを決めてしまえばチームはそれをやらざるを得ない状況を作り出せるが、野球界には岩盤のように硬い固定概念がはびこっているため、なかなか難しい部分も多いと思われます。

意見は色々ありますが、この問題も0:100理論は語れないし、答えのない問題だと思うので私の野球指導者としてのポジションを明確にしておこうと考える。

【体修塾のポジション】

・練習で球数・強度設定をする。

・試合ではピッチスマートの数字を目安に、指導者が球数を管理する。

・人生のかかる試合では、選手と指導者が対等な立場として会話ができる場合のみ選手の意志を尊重する。

・どちらにしても、指導者はいろいろな知見を持ち合わせ怪我をさせない不断の努力を続けないといけない。

というポジションです。どちらかというと制限派です。

ですが、吉田選手の投球フォームは素晴らしく。怪我をしにくいきれで、美しいフォームをしていた。球速・キレ・コントロールとも素晴らしい投手だった。かつ、クレイジーでありながらクレバーでもある。150km/hと130km/hのストレートを使い分けなどは素晴らしかった。球速もMaxをあげることで、負荷設定の低い130km/hを投げることで、多く球数を投げながらも怪我のリスクを下げることができていたのだ。

ここから、学ぶことも多くあるだろう。

そちらにしても、色々考えさせられる本著であり、100回大会であった。

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。