「甲子園という病」2

甲子園という病

氏原英明

【第二章 ”大谷二世”を故障させた指揮官の反省】

・今になって思えば、どれもが「虐待シーン」…

・二〇一三年の春、センバツ大会でのある出来事にアメリカのメディアが「正気の沙汰でない」…

・盛岡大付属が甲子園に帰ってくると再びクローズアップされた…

・「練習試合などもその傾向がありました…

・「指導者のエゴ」を脱し、関口が起こした…

完全に客観的に見ている海外の意見が甲子園大会は「正気の沙汰出ない」であれば、我々野球人はその内容を見直す必要があるだろうか。

普段、「虐待」であればニュースになるのに、それが野球だと「虐待」にならないということは”おかしい”。これは、練習中の罵声や人格否定も同じであると思います。野球界の常識でありますが、客観的に見れば間接的に”おかしい”と思います。野球界の普通を社会の普通に合わせていく、日本野球界の常識を世界のスポーツ界の常識を合わせていくことを努力したいと思います。

[複数の投手を準備すること。]

指導者は複数の投手を準備すること。プロの野球界では当たり前なのに、高校野球までのアマチュア野球で一般的にならないのはなぜなのか?単純に投球過多でパフォーマンスが下がる訳なので、技術レベルが下がる投手だとしても複数投手を揃えることは指導者として当たり前です。

超一流を何枚も揃えなくても、試合で勝てる投手は作れますし、1回を抑えるだけであればどの投手でもできます。それをさせないで、練習試合も含めてエースをいつも一試合目完投させている指導者をみると悲しくなります。

選手とチーム方針を確認して、細かい回で投手をつなぐことを共有し、役割を理解させることが監督の仕事である。そうなれば、練習での投球練習も50球程度で済みますし肩や肘の負担も軽減されるだろう。

技術指導はできなければ、外部に補完してもらうこともできる。

練習試合から継投の練習をしましょう。必ず勝たなければいけない練習試合はありません。

#野球 #baseball #複数投手制 #継投

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。