「甲子園という病」3

甲子園という病

氏原英明

【第三章 松坂大輔と黒田博樹から考える”早熟化”】

・月末に所沢市内でパチンコに興じていたところを…

・”甲子園優勝”という、野球人生のトータルで考えれば大きいか小さのかもわからない目標を達成するために…

[早熟型と晩成型の見極め]

本章で語られている内容な高校生でのお話である。高校生で酷使される選手の多くは早熟型の選手で、中学校時代にシニアやボーイズで身体を酷使している選手が多いように思う。私立の指導者はこのことに気づくべきではないか、自分たちは早熟型の選手を扱っているということを。

話は変わって私は現在、現在小学生〜中学生を一番多く指導させていただいていますが、成長段階の差が激しい時期でもあります。生まれた月によっても同じ学年で体格差はかなりあります。

中学生期に試合に出れるのは早熟型の選手です。晩成型の選手はどうしても控えに周り、練習でも補助のようなことをしていることが多いです。これが野球界の問題点だと思います。

[体修塾のポジション]

・チーム練習でレギュラー陣と練習内容に差がつけられている選手の練習時間の確保してほしい。

・晩成型の選手は早熟型の選手より身体的に大きくなる可能性が高い。

→しかし、晩成型の選手は小学校〜中学校時代に身体が小さいことからバントや進塁打、守備専門のように育成されることが多い。高校3年生ぐらいに身体的に大きくなり、180cmぐらいになったとしても小技しかできない選手が多いことは問題だと考えています。

・結果:育成期(小学生〜中学生)には全員にホームランや遊撃手での華麗な守備を身につけてもらう!身体の大きさで選手の未来を指導者が決めることをしません。

#野球 #baseball #育成 #早熟型 #晩成型

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。