「空に向かってかっ飛ばせ!」17

空に向かってかっ飛ばせ!

筒香嘉智

51jzpllQp-L

【第5章堺ビックボーイズの試み】

[チーム大改革が始まる]

・当時は…

他チームの試みに対して、色々と外野がいうことはいいこと。それだけ、独自の取り組みをしているということになるのだろう。

[練習時間や練習内容の見直し]

・お昼に全体練習を終了し…

全体練習も分割する方式を考えています。例えば、部員が30名いるチームなら、午前中に30名がグラウンド内にいると練習効率が悪いと考えるので、午前15名、午後15名にして個別練習をしたほうがスキルトレーニングという面では良いと思う。コーチは1日時間を取られることになるが。

・子供たちには…

私も、全体練習は2〜3時間あれば十分だと思っています。

・この時期の子供…

成長期と練習量については全ての指導者が学んでほしいところです。

・最近は高校野球の選手…

やりすぎ「食トレ」は虐待です。高校生は、ある程度体ができているが、中学生は個体差が激しい。一部の早熟型の選手の基準を全員当てはめることは無知以外の何ものでもない。

・技術の習得という…

体力強化を中学生期にやらなければいけない理由は、高校野球の練習が1日練習で疲労困憊状態にするのが好きな指導者が多いからです。それがなければ、中学生期をスキルトレーニングに使える。

#野球

#baseball

#体修塾

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。