「空に向かってかっ飛ばせ!」18

空に向かってかっ飛ばせ!

筒香嘉智

51jzpllQp-L

【第5章 堺ビックボーイズの試み】

[年間140試合もする子供たち]

・土日祝日だけ、…

3月の中旬ぐらい、新潟県でも海沿いは雪がなくなってきます。雪がなくなった瞬間に「試合だー!」と言わんばかりに練習試合や大会に参加している小学校があります。

この時期の試合いりますか?と言いたいところですが、少年野球の一つ目の大きな大会が春先に控えていることもあり、仕方ないのかもしれません。大会を選定することも必要なのかなとも思いました。

[大人たちが変わり始めた]

・実は少年野球の現場…

子供は何も言わなければ、楽しいことを続けると思います。しかし、そこに外部的な要因が入ってきた時に、(例えば、「勝たなければいけない」「親に怒られる」)子供たちのモチベーションを削ぐことがあると思います。

なので、指導者の役割の中に「選手のモチベーションを上げる」ということがあるという方々もいますが、私は「モチベーションだけは選手の仕事」だと考えています。むしろ、そちらの方が効率も良いですし、選手にとっても未来への財産になると考えています。

なので、モチベーションが落ちている選手に対しては、私も明らかにモチベーションを落としたりします。「モチベーションの低い君の相手をする時に、私だけモチベーションを上げなければいけないというのはおかしい。」と言わんばかりにだ。これが、指導者としてはとても大切だと考えている。そして、絶対に「やる気出せー!」と怒ってはいけない。

#野球

#baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。