練習時間について

為末大・侍オフィシャルサイト「私のパフォーマンス理論vol.1」

種目に応じた練習最適時間についての構築が求められていると思います。野球界は、平日であれば、部活動で3時間程度練習しているチームがほとんどだと思います。休日であれば、8〜10時間ぐらいが一般的ではないでしょうか。

この練習時間について私が思うことは「長い」こんなにしたくない。指導者も指導に空きそうなぐらい「長い」。モチベーションのない選手と指導者を量産する練習時間の長さだ。

[私の理想の野球練習時間]※アップの時間を覗いたスキルトレーニングの時間

平日1.5〜2時間

休日3時間

週4回10時間前後

週5回12時間前後

為末さんの記事にも上がっているが、心のモチベーションということがスキルアップにはとても大切な要素になってくる。心は消耗品だという考え方です。

私個人も、高校野球が終わった後に大学4年間、心が空っぽになっていたことを覚えています。ですが、空っぽだった4年間があったから今、心が満たされた状態で行動を続けられているのだと思いまし、野球以外のことから学ぶことが多くありました。

大学院での2年間は、人生で一番野球について勉強した期間でした。選手としては、大学4年間で何もしていなかったので、もう一度、身体を戻すことは難しいと考え、現在の「野球スキルトレーナー」という肩書を作る過程を過ごした時期でした。今の礎を気づいた期間でした。

私は、野球をやりながら、この「空っぽ」の期間を過ごすことが理想だと思っています。それが、週10〜12時間の練習時間に収めることが理想となります。

もっと、残念なのは日本の学生は、学校に週35時間ぐらいいなければいけないことです。心のモチベーションが持つわけありません。過去がそうだから、昔がこうだからという前提社会から脱却し、正しい成熟社会になっていくように期待しています。

#野球

#baseball

#モチベーション

#心は消耗品

 

 

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。