新時代の野球データ論1

新時代の野球データ論 フライボール革命のメカニズム

baseball Geeks編集部

51Iei7+rEgL._SX338_BO1,204,203,200_

Special Interview 吉田正尚34 一流打者が語る最新打撃理論とデータとの向き合い方

・僕自身は、子ども…

「良いスイングは、本塁打になるスイング」という基準はわかりやすくていいですよね。私の基準もそこにあります。ですが、中学野球に関わり、少年野球の現場に多く関わると必然的に上記の基準に合わないスイングを教えている指導者が多く困っています。

・ただ、チームが勝つためには…

中学野球を関わると本当に勝つことは簡単だなと思います。選手の意向を全て無視すれば勝つことは簡単(=それでも勝たせられないチームもありますが。)です。

「待て」のサインを作り選手に振らせない。「エンドラン」のサインで野手を動かしエラーを誘う。セーフティーバンドを多用して投手にエラーをさせる。ダウンスイングが多いので、「本当のカーブ」を教えて多投させる。守備練習をたくさんさせてエラーをなくす(結果、打撃練習の時間を減少する)。

でも、これって楽しいですか?「勝つのは好きだけど、野球の練習が嫌い。」という選手を量産することになります。こういった選手が小学校の6年生や、中学校の3年生や、高校3年生で試合などから遠ざかった時にどうなるか…安易に想像できます。これは阻止しなければいけません。野球への飢餓感、これはとても大切なことです。

・すべてを大切にして…

スイング軌道を意識が「最短距離」の呪縛から抜けられていません。そこを抜けましょう。

・イメージでいうと、6対4…

筋出力をするのはトップハンドです。ですが、どこから仕事をするのかがとても大切です。私はSP後と指導していますが、これを感覚的に身につけるのは知識が入っていても難しいです。

・まずは、全方向に長打が打てる…

インコースのスイングとアウトコースのスイングが違いすぎるとこの傾向が出てきます。

・現時点でもう、「三振が増える」…

正しいスイングを覚えるとまずホームランより打率が上がると思っています。ですが、それは一般的にはなっていません。断片的に、少ない情報でホームラン革命に取り組むと痛い目にあのは当たり前です。

#野球

#ベースボール

#ホームラン革命

#体修塾

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。