「東大と野球部と私」3

東大と野球部と私 桑田真澄 【第1章 「野球伝来」のチームだからこそ】 [練習初日・技術「効率的な練習を取り入れよう」] ・制球をよくするために、1球ごとに繰り返す作業があることを伝えました。 ・最初に行なうのが『準備』続きを読む “「東大と野球部と私」3”

「GRANDSLAM.10」9

GRANDSLAM.10 河野 慶 【蔵座の鋭い視点】 蔵座:「質問があります。どうして人間の身体特性は”4タイプ”に分かれていのですか?」 渡辺監督:「なぜ4つに分かれているのか…それが事実であること以外わからない。だ続きを読む “「GRANDSLAM.10」9”

「GRANDSLAM.10」8

GRANDSALM.10 河野 慶 【疲れ=疲労?】 疲労=脳が安定していない。 体は脳からの指示信号で動いている。しなやかで柔らかい動きも可動域が大きく力強い動きも面の入れ替えが素速い動きも、大もとは脳がその動作を記憶続きを読む “「GRANDSLAM.10」8”

「GRANDSLAM.10」7

GRANDSLAM.10 河野 慶 【パラレル・クロス】 走る際、腕の振り方が身体の側面で前後に振る場合、パラレルタイプ。 走る際、身体の正面で腕がクロスするように振る場合、クロスタイプ。 「走る姿はその人を表す。」 選続きを読む “「GRANDSLAM.10」7”

「GRANDSLAM.10」1

GRANDSLAM.10 河野 慶 【槍投げ】 槍投げをするシーンがある。 槍投げは野球でいうところの、ジャイロリリースをしなければいけない。槍投げの力の伝え方を野球で実践するとジャイロ回転のファストボールになります。 続きを読む “「GRANDSLAM.10」1”

「GRANDSLAM.9」

GRANDSLAM.9 河野 慶 【蓮池くんの修正】 一年目の夏が終わった。そこから始まる第9巻は、蓮池の話が中心である。 蓮池とは陸上部で全国大会で優勝するほどの身体能力を持つ男である。その男が、この漫画の中での横浜高続きを読む “「GRANDSLAM.9」”

「GRANDSLAM.8」

GRANDSLAM.8 河野 慶 【エースになる】 「エースは意志の込もったボールを投げる。」そうです。 主人公の所属する美咲高校は桐陽学院に対して9回面までで6vs3。このまま美咲高校の勝ちかというところで終わる。 今続きを読む “「GRANDSLAM.8」”

「GRANDSLAM.6」

GRANDSLAM.6 河野 慶 【感じること】 個人的に”感じる”などという曖昧な世界があまり好きではない。 ー 本 文 ー 次に、”感じる”こと。 自分の体内で起こっているエネルギーの循環に耳をすませるのじゃ。エネル続きを読む “「GRANDSLAM.6」”

左バッターを科学する 6

左バッターを科学する ベースボールマガジン社 編 第2章 データから左バッターの優位性を読む 【対右ピッチャーの成績から検証 打率、安打数とも左バッターが有利】 ・打席数に違いがあるため、本塁打や安打数での比較は難しいで続きを読む “左バッターを科学する 6”