非常識のすすめ 13

非常識のすすめ 里崎智也 第3章 異端のキャッチャー論 【捕逸最年少記録はなぜ生まれたか?】 ・キャッチャーによっては、ワンバウンドに関しては、「ミットは必ず股の下に置いておき、体のどこかに当てて止めろ!と考えている人も続きを読む “非常識のすすめ 13”

二遊間の極意。39

二遊間の極意 立浪和義 第6章 他ポジションとの連携&攻撃との関係性 【「ノールック」「ワンルック」の二塁牽制など、バッテリーとの連携】 ・セットポジションの技術 トップレベルのピッチャーで1.1秒台 これだけの続きを読む “二遊間の極意。39”

非常識のすすめ 12

非常識のすすめ 里崎智也 第3章 異端のキャッチャー論 【無言、確認、激怒】 ・キャッチャーとしてマウンドへ登った時の話 ・1つは無言。怒りが沸点を超えた場合はシカトを決め込む。 ・2つは確認。今置かれている状況を再確認続きを読む “非常識のすすめ 12”

二遊間の極意。38

二遊間の極意 立浪和義 第4章 ダブルプレーの鉄則ーケース別完全対応ー 【草野球でダブルプレーを実現させる方法】 ・キャッチボールは上から投げるだけでなく、横や下からのスナップスローも練習していくといいだろう。 ・グラブ続きを読む “二遊間の極意。38”

二遊間の極意。37

二遊間の極意 立浪和義 第4章 ダブルプレーの鉄則ーケース別完全対応ー 【ダブルプレーを取りやすい投手】 ・バットの芯を外すタイプの投手 カットボールなどの小さく曲がる切れのある変化球を屈指する投手 ・ある程度強い当たり続きを読む “二遊間の極意。37”

非常識のすすめ 11

非常識のすすめ 里崎智也 第3章 異端のキャッチャー論 【ピンチの配球】 ・データがどんどん蓄積されていくと、失敗したデータも入ってきて、より慎重になる傾向が増したような気がする。だが、その中でも、譲れないルールがひとつ続きを読む “非常識のすすめ 11”

二遊間の極意。36

二遊間の極意 立浪和義 第4章 ダブルプレーの鉄則ーケース別完全対応ー 【ダブルプレーを取りやすい打者】 ・一塁が遠い右打者の方がダブルプレーを食らいやすくなるのはデータでも証明されている。 ・ランナーが一塁にいると左打続きを読む “二遊間の極意。36”

二遊間の極意。36

二遊間の極意 立浪和義 第4章 ダブルプレーの鉄則ーケース別完全対応ー 【1-2-3 5-2-3 5-5-3 二遊間がからまない併殺で、2人がなすべきこと】 ・内野ゴロの場合は、たとえボールにからまなかったとしても、ベー続きを読む “二遊間の極意。36”

非常識のすすめ 10

非常識のすすめ 里崎智也 第3章 異端のキャッチャー論 【バッターのシャドーを読む】 ・何度も同じバッターと対戦を繰り返していると、バッターによって決まった場所に、決まった影の形が現れるのがわかるようになる。 リーグ戦で続きを読む “非常識のすすめ 10”

二遊間の極意。35

二遊間の極意 立浪和義 第4章 ダブルプレーの鉄則ーケース別完全対応ー 【4-2-3 6-2-3 「ホームゲッツー」や、中間守備・前進守備での併殺への考え方】 ・一塁ランナーとのエンドランをかけてくる場合 二塁で殺せる可続きを読む “二遊間の極意。35”