「野球センスの極意」2

野球センスの極意

立浪和義

【第1章 「立浪流」野球センスの極意〜センスの実態・高め方】

[難しい「野球センスの概念」を定義する]

・一致していると思われる概念がある。それは、観戦しているファンやアマチュア・少年野球のプレーヤーたち(現役プロ野球も!?)に、とにかく、「憧れる」「手に入れたい」「格好いい」と思わせるのが、「野球センス」だということだ。

・機転が利いたオシャレさや頭の良さのあるプレーは、体格にあまり頼らずに、攻守両方や判断力に秀でたような選手から生まれがち。

・センス習得法にも配慮を施した。無駄に長い猛特訓の練習や根性トレーニングで仮に精神・体力面にプラスがあったとしても、それは、本書読者が求める野球センスではないだろう。非効率な練習法を推奨したら、それこそ「センスがない」とお叱りを受けそうだ。

指導者の多くは、プロ野球選手になっていない方が多いだろう。そこで、選手に対して「野球センス」を教えられる指導者は、かなり野球を考えている指導者であろう。逆に、現役時代に「野球センス」抜群の選手でも、あまり考えないで野球をしていた選手は良い指導者にもなれないと思っている。

私個人は、中学生まではひたすたこの「野球センス」を磨いて入ればいいと思う。私は、「野球センス」の中には技術も含まれていると考えているので、ひたすら技術練習を根性なしで行って入ればいいと思う。

#野球 #baseball

投稿者: 大林智也

新潟県内で「体修塾」という名で野球の個別指導をしています。 激しい変化の時代に、野球にどのような可能性があるのか、日々考えています。 そして、野球をplayすべての選手たちが「野球を楽しむ」ことができるように、変えていきたいと思っています。そのための、「個別指導」。これからの野球は個別指導・少人数練習が主流になります。このmind setを広げるために2016年から活動しています。 [経歴] 新潟県柏崎市出身 中学:柏崎リトルシニア 高校:新潟県立柏崎高等学校 大学:日本体育大学 体育学 学位 中高保健体育教員免許保持 大学院:上越教育大学大学院 教育学 修士 スポーツ心理学専攻 2019年まで学校現場で子供たちを指導してきました。2020年に独立。 選手としては五流。ですが、体育大学に入学できるほどスポーツ全般・運動が得意です。加えて、大学院までいき運動学の研究の分野にも関わっています。 ただ野球が上手いだけでない。 「野球」×「運動学」×「教育現場」×「研究」を掛け合わせ野球指導者です。 よろしくお願いします。 #体修塾 #個人指導 #新潟CROWN

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。